大麻ビジネスを考える④ -セックス&ドラッグの新しい可能性:大麻はセックスを活性化させる?!

こんにちは。とむるです。

この記事では、セックス&ドラッグの観点から大麻ビジネスについて考えていきます笑

ここでいうセックス&ドラッグとは、大麻(マリファナ)というドラッグを吸うことでセックスに与える影響のことで、この影響をビジネスにできるかを考えていきます。

1.大麻はセックスに良い影響を与える?

最近大麻ビジネスに興味を持ち、大麻に関する記事を見る機会が増えました。その中で大麻はセックスにポジティブな影響を与える可能性があることが最近の研究を通じて分かってきました。

有名な研究ではスタンフォード大学泌尿器科学のMichael Eisenberg氏らが米国の男女5万人超のデータを分析した結果、マリファナの常用者は非使用者と比べて性交の頻度が有意に高く、マリファナの使用は性機能を損なわない結果が示されたものがあります。

この研究は、「Journal of Sexual Medicine」の11月に掲載されています。

Eisenberg氏たちはこの研究で米疾病対策センター(CDC)が実施したアメリカの全国調査(National Survey of Family Growth;NSFG)に参加した25~45歳の男性2万2,943人(平均年齢29.5歳)並びに女性2万8,176人(平均年齢29.9歳)のデータを分析しました。

この調査データにはマリファナの使用と性交の頻度に関するデータも含まれています。研究結果として、マリファナの使用者が男性の24.5%、女性の14.5%にマリファナを使用した経験があったそうですが、マリファナを毎日使用している男女では、全く使用しない男女と比べて性交の頻度が約20%高い結果が見受けられました。20年程度前から医療用もしくは嗜好用大麻が解禁され始めたアメリカだからこそ今回の研究は実現できたと考えられます。

さらに具体的な頻度を見てみますと、過去1年間に1度もマリファナを使用していない女性の過去4週間における性交の回数が平均6.0回だったのに対し、毎日マリファナを使用している女性では平均7.1回と私用していない女性と比べて多い調査結果でした。

また、男性も女性と同様にマリファナの非使用者では過去4週間の性交の回数が5.6回と比べて常用者では6.9回だったとの研究結果でした。ちなみにマリファナとセックスの頻度の相関は、年齢層、婚姻状態、学歴などにかかわらず確認できたそうです。

ただ注意しなければならないのは、今回の研究ではマリファナとセックスとの間の相関は確認できたものの、因果関係は発見されていないということです。

私も文系院生の端くれとしてデータ分析の研究を行っているときに常に意識はしていましたが、A(マリファナの常用数)とB(セックスの回数)との間に正の相関が観察できるといって、マリファナがセックスの回数を増やしている原因になっているとは限らないということは考慮するべきです。

ただ大麻がセックスに影響を与える因果関係に関する研究が全くされていないということはないようです。

有名な科学ジャーナル「Science」において、テキサス大学の3人の研究者が、マリファナの有効成分であるTHC(テトラヒドロカンナビノール)有効成分が男性の性的活動に2段階で影響を与える可能性があることを示唆しています。子の研究結果は1981年のThe New York Timesの記事にもなっています。

この研究は、マウスを使った動物実験によっておこなわれたものですが、まずTHCがテストステロンや他の性ホルモンのレベルを上げ、その後にホルモンレベルを正常値よりはるかに下げる可能性があることが判明しました。

すべてのマウスのテストステロンレベルがほとんどすぐに正常量の約6倍になったことを発見しました。さらに、低用量の薬物を投与されたマウスは、1時間にわたって高いテストステロンレベルを維持しました。非常に高用量を投与されたマウスは、20分後にテストステロンが対照群のマウスよりも著しく低下したそうです。

この研究結果から分かるのは、大麻を長期的に服用すると生殖能力になにかしらの負の影響を与える可能性があるとのことです。

他にも大麻(マリファナ)がセックスになにかしらの影響を与えるだろうという研究結果はかなり報告されています。

↓こちらの記事では、研究結果や新聞記事のまとめが行われています。↓

6 Reasons Why Sex Is Better On Weed
Lighting up a reefer could light up your love life. Smoking weed has long been used as a pain reliever in the medical community. 23 states and Washington DC have legalized the use of marijuana medicinally.

最近の研究結果などはおおむね大麻の成分がセックスにもポジティブな影響を与えるという示唆が得られるものが多いです。そこからどのような大麻ビジネスになっていくか考えたいと思います。

2.セックス&ドラッグから大麻ビジネスを展開する

上記では、セックスにおける大麻の有効性が本当にあるのか?といった話をしてきましたが、大麻の主成分であるTHCやCBDが医療用大麻として様々な薬品などに使われていることから実はいわゆるセックスにポジティブな影響を与えると考えられる「媚薬」的なものは既に商品化されて販売されています!

有名なのは、「CBDオイル」といったものです。

CBDオイルとは、大麻の主成分であるCBD(カンナビジオール)を含んだオイルになります。CBDオイルはものにもよりますが、日本で購入することができます。

↓CBDに関しては、以下のサイトが参考になりました。↓

世界が注目!麻の注目成分CBDとは何か?
 近年、海外において麻の有効成分であるカンナビジオール(以下、CBDと略)が注目されています。  麻の有用性に…

一方で同じく大麻の主成分であるTHCを含んだTHCオイルなどの液状大麻は日本での使用が禁止されていますが、女性用に大麻オイルをココナッツオイルとブレンドしたスプレー状の「Foria」などがカリフォルニア州やコロラド州の大麻ショップなどで販売されています。こちらは女性がセックスの前に使うと、使わない時よりも強い快感が得られるそうです。

以上、セックス&ドラッグの新しい可能性:大麻はセックスを活性化させる?!について考えてきました。随時更新したいと思います!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください