RPAとは何か? ~ホワイトカラーの業務を代替するすごいツール~

こんにちは。とむるです。

最近友人に『業務の自動化をしたい』と相談されて色々調べるとRPAにたどり着いたので色々調べてみました。

RPAとは何か?

RPAとは、

ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation, RPA)とは、認知技術(ルールエンジン・機械学習・人工知能等)を活用した、主にホワイトカラー業務の効率化・自動化の取組み
Wikipediaより

のことです。

つまりRPAを活用することで従来は、人間のみが対応可能とされてきた比較的高度な作業や業務さえも業務自動化することができるようになります。このRPAによる自動化には、広義にはAIを活用した技術を含んでいます

RPAが代替できる業務

RPAは主として、

・ヒューマンエラーが起きやすい業務

・あるルール・アルゴリズムに乗っといて繰り返し行われる単純な作業

・構造化されたデータを扱う業務

といった作業・業務に向いていると言われています。特に従来バックオフィスが担っていた大量処理・反復処理中心の正確性やスピードが求められた業務はRPAによって自動化することができます。

RPAの3つの段階

RPAには3つの進化形態があるとされています。

これにはKPMGが発行した仮想知的労働者(Digital Labor・RPA)が変える企業オペレショーンとホワイトカラーのあり方が参考になりました。

段階1:定型作業の自動化

これまである制約の元で人が担っていた定型作業がルールエンジン、画像認識技術などによって自動化される段階です。ルールエンジンとは、決められたルールを分岐処理するためのエンジンを意味します。

段階2:一部非定型業務のオートメーション化

非構造化情報処理技術の発達によって業務の例外対応や非定型業務の一部が自動化される段階です。

自動化が困難とされた非定型業務が代替されることで人や大半の作業から解放され、より高度な意思決定などの業務に集中することができます。

段階3:高度な自律化

この段階では、高度な人工知能な登場によって、業務分析や改善、意思決定までが自動化されます。

RPAを活用するメリット

人件費の削減

RPAを導入するメリットの一番には、やはり人件費の削減になります。RPAの導入コストや運用コストは、RPAが代替する作業を担っていた人々の人件費よりはるかに安く済みます。

作業・業務の正確性・スピートが段違いに上がる

どうしても人にはミスがつきものです。そのため作業や業務にミスが生じます。ミスを防ぐために正確さを優先すれば、業務処理のスピードは落ちてしまい、迅速さを優先すれば正確さは落ちてしまうというトレードオフの関係があります。

RPAを導入すればそういったミスを抑えることができ、またスピードも人が行うよりも格段に速くなります。

より高度な業務へリソースを割くことができる

RPAを導入すれば、ホワイトカラーのあらゆる業務を人が担うことはなくなるのでしょうか。そんなことはまだまだ先になりそうです。

RPAの導入によってこれまでのバックオフィス業務は様変わりします。バックオフィスをにいなう人々のスキルセットは、如何に業務を改善していくか、新しい製品・サービスを提供するためになるをすればよいかといったセールスや企画のような業務にシフトしていくことが予想されます。

またRPAのルールやアルゴリズムを理解し、活用できる人材やユーザの行動からニーズを分析・理解していく人材も必要になってきます(RPAがそういった領域を担えるのはまだ先のようです)。

注目のRPA企業 「UiPath」

RPAを開発する企業の中でも特に有名なのは、RPA分野で先頭を走るグローバル企業でUiPath Inc.という企業になります。

UiPathは、元々ルーマニア発のスタートアップで現在は、ニューヨークに本社を構えています。

公式HP(日本語でも表示できます):https://www.uipath.com/

UiPathの製品のチュートリアルについては、こちらのページからアクセスできます。

例として、現在は多くの会社で人の手でやっているであろうExcelのデータテーブルの扱いをUiPathを使って自動化する方法についての動画があります。

RPAについてわかるオススメ書籍

またRPAについてより詳細に分かる書籍としては、以下の本がオススメです。

こちらは、アビームコンサルティング株式会社に所属している方が書かれた本で アビームコンサルティングで実際に扱ったRPAの案件を8社の事例を通して紹介していく内容になります。

RPAについて知ることができるのはもちろん、RPAを自社に導入することでどのような効用が生まれたかを社内の方のインタビューも交えながら紹介されています。

以上、RPAとは何かについてまとめてみました。これかもRPAの動向について目が離せませんね。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

とむる

文系大学院を修了したITエンジニア。関心テーマは会計、ファイナンス、データ分析、経済学、旅行など。このブログでは、とむるの興味のあるテーマを扱っていく予定です。