Pythonでcsvファイルを読み込んで、書き込んでみよう!

こんにちは。とむるです。

今回の記事では、Pythonを使ってcsvファイルを読み込んだり、書き込んだりする方法を書きたいと思います。

私も大学院の研究でcsvの行っていましたが。元々Rを勉強していて、csvファイルの加工などもRを使っていましたが、Pythonが使えるとさらに分析に幅が広がります。ぜひご自身の研究などの分析で活用してみてください!

pandasを使ったcsvファイルの読み込み

csvファイルの読み込みには、いくつか方法がありますが、最近ではpandasを使うのが便利で主流となっています。

pandasとは何か?

このサイトにたどり着いた人はすでにご存知の方も多いと思いますが、pandasはPythonにおけるデータ分析を支援する機能を提供するライブラリのことです。

pandasの主なデータ構造として、SeriesやDataframeという型があり、Seriesは1次元(リストのような形式)、DataFrameは2次元(表のような形式)のデータを収納するのに使われます。

csvの読み込み

まずは、csvファイルの読み込みを行ってみましょう。

まずは、pandasをインポートします。慣習的にpdという名前で定義します。

pandas.read_csv(ファイルパス)によってcsvファイルを読み込みます。読み込むことで、DataFrame型として作成されます。また様々な読み込みに当たって様々なオプションがあります。詳しくは、公式のドキュメントをご覧ください。

csvの書き込み

次にcsvファイルの書き込みです。

まずはDataFrame型のデータを作成します。

df.to_csvによってcsvファイルを描き込みます。indexはオプションで、Falseがないと行ラベルが各行の1番左の列に書き込まれることになります。こちらも他のオプションは公式ドキュメントをご覧ください。

以上、Pythonを使ってcsvファイルを読み込んだり、書き込んだりする方法を書いてきました。また後日追加したいと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください