Pythonのpickleモジュールの使い方

こんにちは。とむるです。

今回の記事では、Pythonのpickleモジュールの使い方を紹介します。

pickleモジュールとは何か

pickleモジュールを使うことでバイナリ形式に変換し、データを書き出すことができます。これはシリアライズ(直列化、Serialize)と呼ばれます。ちなみにシリアライズの逆はディシリアライズと呼ばれ、バイト列を元のオブジェクトに復元することを指します。

pickleファイルを作成・読み込む方法

pickleファイルを作成するには、pandasを使うのが一番簡単なようです。データをpickle形式で書き出すには、to_pickleメソッドを使います。

またpickleファイルを読み込みには、read_pickleメソッドを使います。一般的には読み込んだpickleファイルは、csv形式として保存します。

またシェル上でpickleファイルを操作することもできます。

シェルからベタ打ちでpickleファイルの中身を確認

シェルのエイリアスに登録

参考文献・参考サイト

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください