イーサリアムの開発言語であるSolidityとは何か? まとめてみました!

こんにちは。とむるです。

今回の記事では、Solidityに関する記事をまとめてみました。

Solidityとは何か?

Solidityとは、スマートコントラストを実装するために用いるEthereum(イーサリアム )上で実行可能な高水準プログラミング言語になります。現在スマートコントラストの開発言語しては最も主流なものになっています。

Solidityは、C++、Python、JavaScriptの影響を受け、特にJavaScriptライクな言語です。JavaScriptの文法に似ているため、JavaScriptの勉強をある程度していれば理解しやすいと思います。

Solidityは、コントラクトコード(Ethereum Virtual Machine Code)というブロックチェーン上に記録されたコードが実行されることで処理されるようになります。

コントラクトコードはいわゆる低水準の機械言語で、人がよりコントラクトコードを開発しやすくするためにSolidityのようなコントラクトコードに翻訳するためのコンパイラが開発されています。

Solidityはどのように活用するの?

現在Solidityを使ってスマートコントラクトを開発するには、Remixを使用することが一番有力な選択肢になります。

Remixは、かつてbrowser-solidityと呼ばれていたSolidity用の統合開発環境(IDE)で、Webブラウザ上で1.スマートコントラクトの開発、2.コンパイル、3.実行を手軽に行うことができます。Remixの詳細な使い方については、手軽に“Solidity”言語でスマートコントラクト開発、開発環境「Remix」ってどう使う?が非常に分かりやすかったです。

Solidityで何ができるの?

Solidityを使ってスマートコントラクトを開発することで具体的に何ができるかが公式ホームページに記載されています。

投票

投票のカウントが自動的に完全に透明になることで電子投票の不正を防ぐことを目的としています。現在のアイディアとしては、投票ごとにコントラクトを作成し、短い名前を与えることをです。議長を務めるコントラクトの作成者はそれぞれのアドレスに投票権を与えます。現在の課題としては、全ての参加者に投票権を割り当てるには、多くの取引が必要であることです。

ブラインドオークション

ブラインドオークションとは、完全な秘匿性を持ったオークションのことで、スマートコントラクトを用いて、作成することができます。

以上、Solidityに関してまとめてみました。また勉強することに更新したいと思います。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください