文系学生のためのLaTeX入門 1 -LaTeXを使ってみよう!

こんにちは。とむるです。今回は、論文を執筆する上でほぼ必須のツールであるLaTeXについて紹介します。

ちなみに私は学部生時代の卒業論文はLatexではなく、MSのWordで執筆しました(文章オンリーということもあったので・・・)。大学院では研究科や研究室にLatexのテンプレートが存在せず学習に非常に苦労しました。

私と同じような境遇の人に対して本記事が参考になれば幸いです。

LaTeXとは?

LaTeX(通常日本では「ラテック」または「ラテフ」、英語圏では「レイテック」と発音されます)は、文書作成ソフトのことです。LaTeXはTeXと呼ばれる組版ソフトが土台にあり、TeXのシステムを機能強化したものになっています。組版とは活字を組んで版を作ることを意味します。

科学技術系の論文を書くときに多く用いられますが、経済学系の論文や情報歴史学のようないわゆる文系論文にも多く用いられます。もちろん私の専門である会計研究でも多くの研究者に用いられています。

LaTeXの有用性

私はMSWordとLaTeXを論文執筆に使った両刀使いですが、MSWordと比較するとLaTeXには以下のようなメリットがあります。

  1. LaTeXはオープンソースソフトであり、誰でも無料で入手、使うことができます。
  2. LaTeXを使うと文書構成に悩む必要がなく、論文内容に集中することができます。
  3. LaTeXへの入力はテキスト形式で一般的なテキストエディタで読み書きができ、再利用やデータベース化が可能です。
  4. 非常に高度な組版技術があらかじめ組み込まれており、特に数式の組版についてはまずLaTeXが選択肢になります。

他にも多くのLaTeXを論文執筆に用いるメリットがありますが、追々ブログで紹介していきたいと思います。

LaTeXを使ってみる

LaTeXは、正直なところ初期設定がかなり面倒です。LaTeXの初期設定が面倒で嫌になり、LaTeXを使うことをあきらめた人も多いと思います。様々なサイトでLaTeXのインストール方法と設定方法を書いている記事が見受けられますが古いことが多く、鵜吞みにすると失敗してしまう可能性が大きいです。確実に自分のパソコンにインストール、設定を行いたい方は[改訂第7版]LaTeX2ε美文書作成入門を購入しましょう。

少し高いですが、LaTeXの初期設定後、実際に運用していく中でまず参考にする本であり、値段をはるかに超えたリターンとして返ってくることは間違いなしです。ぜひ購入をオススメします。

[改訂第7版]LaTeX2ε美文書作成入門では、DVD-ROMが付録されており、付録Aのp.345以降を参照すれば問題なくインストール・設定を行うことができると思います(Windows・Mac共に対応しています)。

ただどうしてもインストール・設定が面倒という方や基本は大学のパソコンで作業を行うという方のためにはp.11に記載されているCloud LaTeXをオススメします。Cloud LaTeXは株式会社アカリクによって開発・運用されているWebブラウザ上でLaTeXを使うことができるサイトです。

誰でも簡単に登録し使用することができ、作成したプロジェクトはZIPでダウンロードすることができる便利なサイトになります。私のように大学のパソコンにLaTeXが入っていない場合でもパソコンを持ち運ぶことなく編集することができます。こちらもぜひ活用しましょう。

Latexの使い方

Latexを書く、テキストファイルは自由です。Windowsのメモ帳でもMacの「テキストエディット」でも好きなものを使いましょう。もちろんTeXworks editor(Windowsの場合)のような専用エディタに書くことも可能です。

 

以上のようなテキストファイルを入力すると、sample.texのファイル名で保存します。sample.texをコンパイルする時好みがありますが、日本語の扱いに優れたpTeX用にマクロを修正したpLateXがよく使われます。pLateXで上記の文章をコンパイルすると「サンプル文書です。」が出力されます。

LateXでは、\begin{document}、\end{document}で文章を囲むことで出力が行われます。\で始まる行はLateXの命令になります。pLatexはUTF-8に対応しており、私もメインで用いています。また経済学系の論文で代表的なBibteXファイルであるjecon.bstを利用する場合にはpLateXでのコンパイルが前提となっています。

本記事の続きはまた別の記事にまとめます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください