【統計用語】第一種の過誤と第二種の過誤とは?

こんにちは。とむるです。

この記事では、統計用語である第一種の過誤と第二種の過誤についてまとめてみました。

第一種の過誤(error of the first kind/type I error)

統計的仮説検定において、帰無仮説が真であるのにもかかわらず、帰無仮説を偽として棄却してしまう誤りのこと。

第一種の過誤を犯す確率は「α」として表されることが多く、この値のことを有意水準と言う。

第二種の過誤(error of the second kind/type II error)

統計的仮説検定において、帰無仮説が偽であるのにもかかわらずそれを真として棄却しない誤りのこと。

第二種の過誤を犯す確率は「β」として表されることが多く、 「1ーβ」は検出力を表す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください