とむるの海外旅行【カンボジア 3日目】~アンコールワット+トム+タプロム+ベンメリアの人気4大遺跡&朝日夕日鑑賞ツアーに参加して~

 

こんにちは。とむるです。

2017年7月23日~7月26日にカンボジアのシェリムアップに行ってきました。

今回の記事では、カンボジア3日目として筆者であるとむるが実際にアンコール・ワットやアンコール・トムといったアンコール遺跡群に行った時の感想などを記事にしています。ちなみに2日目の記事は以下になります。こちらも合わせて読んでいただけたらと思います。

[blogcard url="https://tommru.com/fun/travel/cambodia-2"]

今後カンボジアのシェリムアップに訪れる方の参考にあればうれしいです。

 ツアーを使ってアンコール・ワットの朝日鑑賞へ

さっそくですが、VELTRAというツアーサイトを使ってアンコール・ワットで朝日鑑賞ができるツアーに行ってきました。私が選択したツアーは、『アンコールワット+トム+タプロム+ベンメリア観光ツアー☆人気4大遺跡&朝日夕日鑑賞という名前です。

私がツアーを使った理由として以下の4点があります。

  1. シェリムアップを訪れた時期は雨季で天気予報でも雨の確率が高かったから。
  2. シェリムアップは、ツアーで手配されるリムジンカーを除いてトゥクトゥクや自転車以外に移動手段がほとんどないから。
  3. 日本人観光客に人気のベンメリア遺跡を見たかったから。
  4. アンコール・ワットの朝日を見たかったから(ツアーで朝日を見るのが一番楽だと思われます)。

一方で3日目には、ツアーを使わずにアンコール遺跡に行きました。ツアーとツアーを使わずに個人でアンコール遺跡を訪れるメリットとデメリットは以下の記事でまとめています。

[blogcard url="https://tommru.com/fun/travel/cambodia-tour-personal"]

当日、朝の4時くらいに飛び起き(かなり眠い)、5時前にはホテルに迎えにきた車に乗り込みアンコール・ワットに向かいました。

そして当日は・・・・残念ながら雨でした。雨で足元がおぼつかない中、30分ほど待機し、頑張って撮った写真が以下です。

残念ながら雨で完全に曇っています(泣) この画像は、朝6時くらいに撮ったものですので、ホテル出発から1時間かけたにもかかわらず、私は朝日をバックとしたアンコール・ワットを見ることはかないませんでした。

朝日ツアーといってももちろん見れないことはよくあるみたいです。特に雨季にアンコール・ワットに行く方は要注意です。事前に天気予報をよく調べて晴れるように祈っておきましょう。

朝日ツアーの後は一度ホテルに戻って(これもまた面倒くさいです)、次に9時くらいに再度アンコール・ワットに向かいました。

アンコール・ワットに行って

あいにくの大雨です。多くの人が夏休みとなる7月、8月は残念ながらカンボジアでは雨なのでそこは仕方がないと思います。ただ苔が遺跡に生えている光景は非常にきれいです。

江戸時代に日本人が残したとされるいたずら書きです。

また遺跡にはよく見ると至る所に穴が開いていますが、ガイドさんに聞くと、ポル・ポト派がアンコール・ワットを根城としていたずらや銃の練習として撃った時の穴のようです。こうした穴は、アンコール・ワットだけでなくアンコール・トムなどを含めたアンコール遺跡全体にあるようです。あらためてカンボジアの歴史を考えて感慨深い思いになります。

またアンコール・ワットには一部登れる場所があります。

アンコール・ワットの階段は王族用と王族用以外がありますが、現在の旅行者が登る時に使う王族用の階段でも非常に傾斜があって特に雨季は滑りやすいので気をつけてください。

アンコール・ワット自体を見物した時間は1時間程度です。

アンコール・トムへ

次にアンコール・トムに行きました。ツアーではアンコール・トムの中にある「バイヨン」を訪れました。

バイヨンは、アンコール・トムの中心的遺跡で劣化が激しいですが、その分趣もあるように思います。またその外壁には壁画が描かれています。バイヨンでも1時間という制限時間でした。

タ・プロームを訪れて

ツアー午前中最後は、「タ・プローム」を訪れました。

タ・プロームはご覧のように完全に木々が遺跡や遺跡下の地面に根付いてしまって将来必ず崩壊するだろうと言われている遺跡になります。現在はもはや下手に手をつけられないことからあえて放置されている状態になります。長年遺跡の保存が行われなかったことからこのような状態になってしまいました。

遺跡を放置してしまうとどのような結果になってしまうかがタ・プロームを見るとよく分かります。こうしたタ・プロームの無常観から特に東洋人に人気の遺跡みたいです。

すでにかなり崩壊が始まっています。ぜひ完全に崩落する前に早く訪れてほしい遺跡になります。

昼食時間

昼食は、タ・プロームから一度ホテル付近のゲストハウスでとりました。ツアー込みのランチになります。

正直あまりおいしくはなかったです笑 ただホテルまで近かったのがよかったです。

ベンメリアを訪問して

3日目の最後の遺跡として「ベンメリア」を訪れました。ホテルがあるシェリムアップ中心市街から車で1時間程度かかりました。

ベンメリアでは2011年に地雷撤去が完了したそうです。しかしながらベンメリア付近では、いまだに地雷が結構踏まっているみたいです。正直結構びくびくしながら遺跡を歩いていました。

状態保存がとても良いナーガになります。


ベンメリアはアンコール遺跡群に入っていない、つまり世界遺産に登録されていないので状態保存が良くないです。しかしその崩落が訪れる人の心を打つみたいです。

以上、とむるの海外旅行【カンボジア 3日目】でした。ツアーだと移動が楽な分、遺跡1カ所に1時間~1時間半程度しかいることができませんでした。次回はカンボジア4日目として自身でアンコール遺跡に行っての感想を記事にしたいと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください