本当はどっちがいいの? アンコール遺跡をツアーと個人で行ったとむるがメリットとデメリットを比較します! 

こんにちは。とむるです。

私は、2017年7月24日~7月26日にカンボジアのシェリムアップに行ってきました(カンボジアに着いた日は23日ですが)。

2017年25日(つまり2日目)にツアーでアンコール・ワットを含んだアンコール遺跡に行きましたが、2017年25日(つまり3日目)に再度個人でアンコール・ワットを訪れました。

そこで今回の記事では、ツアーとツアーを使わずに個人でアンコール遺跡を訪れるメリットとデメリットをお伝えしたいと思います。

ツアーで行くメリット

ツアーで短期間で効率よくアンコール遺跡をまわることができます。遺跡巡りツアーは、アンコール遺跡の一番魅力的な場所や人気がある場所のみをピックアップしてスケジュールが組まれています。なので非常に効率良く遺跡をまわることができます。

私もシェリムアップを訪れる前は遺跡好きをかなり自負していたのですが、何日も似たようなタッチで造られた似たような遺跡をまわっていると飽きが来ます。私も最終日にアンコール・トムを再度訪れた時には正直かなり飽きていました(笑)

アンコール遺跡の魅力をしっかり感じたいけれど、手っ取り早く見たい・知りたい人には、遺跡巡りツアーは大変オススメです。

また地図上では、アンコール遺跡同士(例えば、アンコール・ワットとアンコール・トム)は近い感じがしますが、意外に距離があり、徒歩で移動するのは無理とまではいいませんがかなり大変です。

さらに言えばシェリムアップ市外の遺跡や博物館、例えば日本人観光客に人気のベンメリア遺跡に行くには、トゥクトゥクを使ってもかなり距離があり、1時間以上かかります。

実際にシェリムアップを訪れると分かるのですが、ベンメリアなどシェリムアップ市外の道はとても悪く、トゥクトゥクで行くのは乗り心地が良くなく、また道中事故の危険性もあります(シェリムアップの交通マナーも決して良くないので)。

移動中の余計なトラブルを回避するためにもツアーの利用価値はとても大きいと思います。

ツアーで行くデメリット

デメリットは当然、自分が行きたかった・行く予定だった場所がツアーに組み込まれていなければ行くことができないことです。例えば先述したVELTRAの『アンコールワット+トム+タプロム+ベンメリア観光ツアー☆人気4大遺跡&朝日夕日鑑賞』というツアーでは、アンコール・ワットを代表するといっても過言ではない第一回廊の東面のレリーフに描かれた「乳海攪拌」や南面の天国と地獄のレリーフなどを見ることができず、最終日に再度訪れて見ることなんとかできました。

また一緒にツアーに参加していた大学生たちが遺跡をまわる道中でいちゃついていたり、盛り上がっていたりで、かなりうざったかったツアーのスケジュールに遅れが生じるというハプニングが生じました。ツアーでは、こうした団体行動だからこそ起こりうるトラブルに巻き込まれる可能性があります。

個人で行くメリット

個人で行くメリットは、とにかく自由な時間があることです。ツアーでは、主要なアンコール遺跡をすべてまわるといっても、どうしてもアンコール・ワットの観光時間に大きな比重が置かれています。

個人で行けば、そんなものは関係ありません。自分が気に入った遺跡のある特定の場所を見るのに好きなだけ時間を使うことができます。

また私は、シェリムアップ中にアンコール遺跡の東バライまで自転車で行きました。その時の記事は下記よりご覧ください。

とむるの海外旅行【カンボジア旅行編 2日目】~アンコール・ワット以外のちょっとマニアックな遺跡を訪れて~

2017.11.03

東バライまでホテルから片道2時間(往復4時間!)もかかり、途中から雨を降ってきましたが(ついでに自転車のタイヤもパンクしました)、「アジアに来てる!」、「アジアを観光している!」という感覚はすごく感じました。

アンコール遺跡だけでなく、道中の現地の人々の生活や遺跡以外の建造物などをリアルに感じることができたのは、代えがたい経験が得られたと思います。

個人で行くデメリット

個人で行くデメリットは、ツアーで行くメリットと逆になると思います。シェリムアップは観光地の割には、アンコール遺跡までのアクセスが結構悪い(特にシェリムアップ市外となると選択肢が非常に限られてきます)ので、個人で調達するには意外に面倒です。具体的にはトゥクトゥクの運転手と交渉してチャーターしたりロードバイクで観光地を巡るとかです。

私が実際にシェリムアップを訪れて感じたのは思った以上に観光地をまわるのには時間がかかると思います。たっぷりとシェリムアップで過ごす時間がある人はいいと思いますが、時間にどうしても限りがない人にとっては、ツアーでまわるのも選択肢の1つとして考えたほうがいいのかもしれません。

またツアーと比べると道中事故の危険性も跳ね上がります。

まとめ

以上、アンコール遺跡にツアーと個人と両方で行ったとむるがアンコール遺跡をツアーと個人で行くメリットとデメリットを比較してきました。ツアーと個人、どちらも経験した私の感想としては、どちらもいいところと悪いところがあります。

またどちらか1つを選択するのではなく、アンコール遺跡を訪れる時期(雨季や乾季)や訪問日の天気も考えながら私のように旅行中にツアーと個人を両方をんでみるのもありだと思います。

貴重な経験が得られる世界的にも有名なアンコール遺跡にせっかく行くので、後悔しないように自分に合ったプランを作ってみましょう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください