とむるの海外旅行【タイ旅行編 2日目】 

こんにちは。とむるです。【タイ旅行編 2日目】になります。

【タイ旅行編 1日目】の記事は、以下からご覧ください!

とむるの海外旅行【タイ旅行編 1日目】 

2017年9月9日

バンコクからアユタヤーに向かう

2日目にはバンコクを離れ、アユタヤーに向かいました。アユタヤーに行く方法はいくつかありますが、私はホテルがチョーンノンシー駅から近いこともあり、BTSシーロム線⇒MRTで乗り換えで行くことができるフアラムポーン駅から鉄道で向かいました。他の手段で行く方法についてはバンコクから日帰りでアユタヤに行って帰ってくる方法が参考になりました。

鉄道で行くには、MRTフアラムポーン駅から国鉄に乗り換える必要があります。鉄道には座席に等級があり、注意が必要です。

1等 2等 3等
アユタヤー 66THB 35THB 15THB

こちらのサイトによると上部の等級による基本料金に加え、下部の追加料金がかかるみたいです。

特急・急行(Express 80-180THB
快速(Rapid) 20-60THB
エアーコンディション料金 50-180THB
寝台料金 100-400THB

ただ時間帯によっては上記の料金が当てはまらない場合があり、私の場合は3等で20バーツだった気がします。朝の6時40発の列車に乗りました。時刻表についてはCheck Timetable & Fareを参考にしてください。Origin⇒出発駅、Destination⇒到着駅を選択すれば、時刻表と料金表(これがよくわからないです)が表示されます。

私がこの鉄道を利用した上で反省点が1つあります。それは多少の料金をけちらずにエアコンの効いた列車をとればよかったという点です。私は7月にタイに行ったのですが、列車の中地獄の暑さです(笑)。

特に夕方の帰りの電車はほぼ満員で熱気が充満していました。また座席もボロボロで座り心地もいいとはいえなかったです。アジアテイストを楽しみたい人やとにかく安く済ませたい人以外は、追加料金を払ってもいいと思います(特に、夏は!)

3等車の椅子です。見た感じまともですが、座り心地はよくないです。

自転車をレンタル【注意点】

アユタヤーを回るのに定番の乗り物として自転車があります。私がいつも海外旅行で重宝している地球の歩き方にもサイクリングがアユタヤーおすすめの回り方として紹介されていました。

ただ注意したいのがアユタヤー駅を出てすぐに自転車を借りてはいけないということです。

注意
アユタヤー駅を出てすぐに自転車を借りてはいけない

アユタヤー駅を出てすぐに自転車を借りれるのですが、アユタヤー駅と観光地である遺跡群の前にはパーサック川があります。必ず川を渡ってから自転車をレンタルするようにしましょう。

補足
中には自転車を担いで船に乗る猛者をいました・・・ 挑戦したい方はご自由に笑

あと私は、恥ずかしながら乗り慣れているママチャリを借りてしまい、スピードもまったく出ず、後述しますが、小舟に乗る際も重くて非常に苦労しました。まともな歩道なんて遺跡周辺しかないので、自転車を借りるならロードバイク一択ですね。

注意
アユタヤで自転車なら「ロードバイク」一択!

ちなみにアユタヤー駅から出るとトゥクトゥクも待ち構えています。3時間~4時間で600バーツ程度でしょうか。大半はぼったくりなので注意が必要だと思います。

アユタヤーの遺跡観光

ワット・ラーヂャブラナです。ビルマ軍による破壊の傷跡が今も残ります。ここで略奪を免れた宝物類は、国立博物館に収蔵されているみたいです。

アユタヤーの遺跡群でで最も有名なワット・プラ・マハータートです。木の根の間から顔を覗かせる仏像の顔が印象的です。ここでレンタル自転車の鍵をなくしました。係員の人がとても親切に対応してくれました(結局みつかりませんでしたが)。みなさんも注意してください。

最後に遺跡ではありませんが、日本人町に行きました。遺跡がある場所からチャオプラヤー川を小船に乗り、渡るのですがママチャリを担ぐのに非常に苦労しました(ママチャリ、ダメ、ゼッタイ)

チャオプラヤー川を渡るとワット・パナン・チューンがあります。中に巨大な仏像があり、現地の人の信仰の対象となっているので機会があればぜひ訪れてみてください。

そこから日本人町は意外と距離があります。ワット・パナン・チューンから自転車で15分くらいかかりました。

小さな日本庭園があり、落ち着いた雰囲気があります。ここのトイレは綺麗です。憩いの場になりましたね。

夜は、バンコクに戻り、「Arno’s Butcher and Eatery」というステーキハウスに行きました。高級なお肉が安く食べられるということで有名みたいです。お客さんの高級車が道路一杯に止まっていた印象があります。

以上が【タイ旅行編 2日目】となります。【タイ旅行編 1日目】は下記よりご覧ください。

本記事で参照したサイトは以下になります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

とむる

文系大学院を修了したITエンジニア。関心テーマは会計、ファイナンス、データ分析、経済学、旅行など。このブログでは、とむるの興味のあるテーマを扱っていく予定です。